ワキガかどうか自分で確かめるにはどうすればいいの?

自分が本当にワキガなのか確かめる方法ってあるの?

スーパーやドラッグストアに行くと、消臭剤やデオドラントスプレーのさまざまな商品が並んでいます。

 

日本人はキレイ好きでにおいに敏感な国民なのです。
だからこそ、自身が悪臭を放っていないかどうかというのはかなり気になります。
実はワキガではないのにも関わらず、ワキガを発症しているのではと専門の病院にやってくる人は少なくありません。

 

ですが、ワキガかどうかはアポクリン腺という特有の汗腺の数や大きさによって決まります。
ほとんどの方は単に汗のにおいを気にしているに過ぎないことが多く、確かめるとワキガではなかった、というケースもよくあります。

 

もしかしたらと思って悩むよりも、自分で確かめる方法があるのでやってみませんか。

 

アポクリン腺からの汗は脂質やタンパク質も混じっています。
だからこそにおいが強烈になるのですが、色も付きます。
服に黄色いシミが付いていませんか。
脇の部分を確かめることをおすすめします。

 

脇と耳、関係ないようで関連しています。
ワキガの方の場合ウェットで湿っている方が多いです。
耳掃除の時に意識してみてください。
湿っぽい耳垢は耳かきよりも綿棒でお手入れするようにしましょう。

 

脱いだ服、その時にはもう鼻が慣れてしまって特に感じなくとも、一度お風呂に入って石鹸の香りで鼻をリセットした上でかいで確かめるようにしてください。
つんとした刺激臭があれば危険です。

 

あなたのご両親はどちらか・あるいはどちらもワキガだったりしませんか。
遺伝により発症することも多いのです。

 

ただし、食生活や生活習慣に気をつけストレス解消もきちんと行っていれば、両親共にワキガでも自身は気にするようなにおいとならないことも多いです。
あきらめず日々の生活を見直しましょう。

 

最近は生活習慣病患者が増えると共に、ワキガの方の数も多くなっています。
それは普段の生活に原因があることはあきらかです。
欧米人に多いのも、肉食中心という食文化が大いに関係します。
におうかもと家に引きこもっていないで、運動をしてしっかり汗をかくこともおすすめです。

 

 

クリアンテの効果や口コミを見てみる